フタリノベ

築40年の50㎡の小さな中古マンションを購入し、夫婦2人でセルフリノベーションであちこちカスタムしていくブログ(ちいさいおうちをたのしむを改題)

【持たない暮らし】 我が家のキッチンにないものその2「水切りカゴ」+近年のスタンダードになっている大きすぎるシンクへの疑問【ミニマリスト】

我が家のキッチンには水切りカゴがありません。

流し台の上に設置している伸縮パイプ棚に洗い終わった食器を乗せて乾かしています。

このパイプ棚には、普段物を置かないように心掛けていて、食器洗いの時には水切りカゴ代わりに、調理中にはその日に使う食器とか食材を置いたりして調理台の延長として使います。

パイプ棚のおかげでキッチンに3次元の動線ができました。

フレキシブルに使えてとても便利。

(えへへ~得意の安い買い物だよ~)

f:id:jikobukken:20161203183507j:plain

(まだ完成してないので、シンクの周りは養生テープで防水してるし、調理台の保護ビニールもついたままです)

そもそも水切りカゴ必要なの論

我が家のキッチンは180センチ幅。

古いマンションや団地に採用されることが多い、ファミリータイプとしては最も小ぶりなサイズだと思います。

 

f:id:jikobukken:20160527123331j:plain

(我が家のキッチンの引っ越し前の内覧時の写真。民泊として使用されていました)

引っ越し前に使われていたキッチンは、そこそこ古いタイプの団地用のものだと思うので、そこまでシンクが大きくないのですが、最近のシステムキッチンはシンクがのきなみ大きくなっていて、調理スペースが狭すぎると思うんです。

ネットで見つけたメジャーなシステムキッチンの設置図を手書きで写し取りました。

f:id:jikobukken:20161216214153j:plain

なんと、作業スペースが30センチしかありません。

ここに水切りカゴを置いたとすると…

f:id:jikobukken:20161216214304j:plain

まな板を置くことすら困難になります。

こんなに狭い作業スペースで結構な人数の人が疑問を感じずお料理している気がします。

シンクが大きい方が洗い物はしやすいですけど、洗い物が多少不便でもお料理を作りやすい方がはるかに良いのになあと私は常々思ってきたんです。

このサイズのキッチンを使う場合、シンクに縦にまな板を渡すという方法で調理スペースを広げておられる方が大半だと思うのですが、そんなことするより水切りカゴを置かなければもう少し作業スペースが増えるし、奥行に合わせで60センチとかのまな板を買うから、それを洗うために大きいシンクが必要になるんじゃないかと…

たまごが先なのか、鶏が先なのか考えてもわかりませんが…

水切りカゴを置かないことによってキッチンをスリム化できました

我が家のキッチンは業務用のセミオーダー品です。

今メジャーで計ってほぼ正確な図面をフリーハンドで書きました。

f:id:jikobukken:20161216215502j:plain

流し台は幅60センチのものを選んだので作業スペースの幅を標準的なシステムキッチンの倍以上の67センチの作業スペース幅がとれます。

また、水切りカゴを置かないことによって奥行も必要なくなるので、奥行45センチのスリムタイプのキッチンを購入することができました。

狭いお家なので、奥行が20センチ違うとかなり広々した印象になります。

しかも、ここが大事なので太字で書きますが、

リノベーション前に使っていた古い団地タイプのキッチンよりも、作業スペースが広いから料理がしやすいし、シンクが狭いことによって特に不便はありません(そりゃ狭いより広い方がいいけど)。

私はネットの片隅から声を大にして叫ぼうと思います。

狭いキッチンのシンクは小さくした方がキッチンの使い勝手がいい!

これはガチでマジでリアル!!

 

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村クリックお願いします
人気ブログになったら私の叫びがメーカーに届くかも

 

f:id:jikobukken:20161216221525j:plain

【おまけ】背中がカチカチ山のねこ(おばけちゃん)