フタリノベ

築40年の50㎡の小さな中古マンションを購入し、夫婦2人でセルフリノベーションであちこちカスタムしていくブログ(ちいさいおうちをたのしむを改題)

【雑誌の付録】 リサ・ラーソンのペア豆皿と箸置きがついていたファッション雑誌「GLOW」(890円)

ここ数年付録付きファッション雑誌が台頭していて、ずっと内心『無駄だし勿体ないなぁ』と思っていたのです。

ファッション雑誌が読みたいなと思ってコンビニに行っても、付録がついているせいでほとんどの雑誌の定価が吊り上がっていて、欲しくもない付録を一緒に買うのも嫌だなあと、本自体を買うことを諦めてしまうことも。

「付録をなくして雑誌の値段を200円下げてくれますように!」とお星さまに願う日々。

そんな”雑誌に付録はいらない派”の私ですが、ついつい付録目当てで購入したのがコレ。

f:id:jikobukken:20161210220542j:plain

雑誌「GLOW」の付録のリサ・ラーソンの豆皿と箸置きのセット。

一度は必要ないと諦めて帰宅。

何度も思い出しては、いやいやいらんよと自分に言い聞かせることを繰り返していました。

必要ないと思った理由

・最近小皿を対で購入したばかり

・物を増やさない生活を心掛けている

・付録は欲しいが雑誌に興味がない

・リサ・ラーソンが流行りすぎていて、今更リサ・ラーソンのものを持つのはださいような気がする

それでも購入してしまった理由

・白と青の食器で揃えているので家の食器に合う

・以前小皿を探していた際にリサ・ラーソンの食器も候補に入れていた

・付録なので今手に入れないと二度と手に入らないということに焦りを感じる

f:id:jikobukken:20161210215505j:plain

(割れないようにピッタリサイズの発砲スチロールにはめ込まれてました)

 

今書いてわかったけど、ズバリ買い物したい衝動に負けてますね。

付録の限定感ってばやべえ!

ミニマリストっていうほど大したもんじゃないけど、我が家は50㎡ちょっとしかないし、収納スペースが極小なので、どうしても捨てられない大切なもの(私はおもちゃとCD、ゆきひろは本と古いカメラ)は捨てなくても良いけど、そんなにこだわりのない服や食器は増やさないことを心掛けているのですが、引っ越しして半年もたつとじわじわ物が増えてきてます。

必要ないけど、欲しくてたまらなくなって購入した小皿と箸置きはこちら。

f:id:jikobukken:20161210222941j:plain

きゃわわ!

プリントはそんなに高級感がある訳じゃないけど、陶器製でこの価格っていうのはすごい。

サイズや深さも使いやすそうです。

黙っていたら誰もこれをみて付録とは思わないクオリティだと思います。

 

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村4位すらあやうい!

 

GLOW(グロー) 2017年 1 月号

GLOW(グロー) 2017年 1 月号