読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フタリノベ

築40年の50㎡の小さな中古マンションを購入し、夫婦2人でセルフリノベーションであちこちカスタムしていくブログ(ちいさいおうちをたのしむを改題)

【DIY】 IKEAの丸椅子をウィリアム・モリスの壁紙(イギリス製輸入壁紙)を貼ってだいたい¥1800でリメイク

IKEAの丸椅子は最高です。

www.ikea.com

日本の丸椅子よりも少し背が高くて座面が45センチというのがヘルニアもちのこはなにとって一番重要なことなのですが(マジ切実)、定価¥999というリーズナブルな価格もありがたいし、シンプルで無駄のないデザインも素敵だし、スタッキングだってできて便利だし、耐荷重もあって丈夫だし、木の温かみがあってほっこりするし、本当に文句ない。

そこにもう一つ魅力を加えるとしたら、リメイクしやすいところだと思います。

DIY初心者のこはなが思いつきで15分位でリメイクした丸椅子がこちら。

f:id:jikobukken:20161127142658j:plain

座面サイズに壁紙を切り抜いて木工用ボンドで貼り付けただけでとってもかわいい。

かんちこちんですが、一工夫あり。

作り方に興味のある方はつづきをどうぞ。

 

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村のランキング参加中
もう少しで10位以内になれそうです
応援よろしくお願いします。えいえいおー

 

 

 材料

・壁紙

・木工用ボンド(ダイソー

・ローラー(ダイソー

 

壁紙はずっと憧れていたウィリアム・モリスの「いちご泥棒」。

大阪のWALPAというお店で1mあたり¥1500で切り売りされています。

DIYでキッチンカウンターを作った際に余りが80センチくらい出たので、そのうちの40センチくらいを使用したので、壁紙の費用はだいたい¥600くらいです。

ちょっと値が張りますが、シックで美しいニュアンスのあるプリントは観るたびに幸せな気持ちにさせてくれます。

日本の壁紙よりも外国製のものは柄が大きいものが多く、インテリアのポイントにするとお部屋が映えます。

f:id:jikobukken:20161127143223j:plain

 

作り方

1)壁紙を裏返して、その上にひっくり返した丸椅子を載せてシャーペンでぐるっと外周をなぞり、そのラインの5ミリ位内側をハサミでチョキチョキ。

2)丸椅子よりちょっとだけ小さいサイズの紙を木工用ボンドで座面に貼り付ける(ここまでは普通)

3)適当な入れ物に木工用ボンドを入れて同量位のお水を足してボンドを薄める

4)それをローラーで壁紙の上にコロコロ塗りたくる

5)乾くと木工用ボンドが透明になり、ニスの代わりのコーティングをしてくれます。

厚めに塗った木工用ボンドでニスよりも強度も上がります。

 

今回の工夫は木工用ボンドだけでリメイクしたこと。

リメイクのネックはそこそこ値が張る上に余っても使い道がないニスなので、木工用ボンドで代用して安くあげました。

透明度はニスよりも多少は劣りますが、その分強度が格段に上がるので、ニスを使うよりも良いんじゃないかと自画自賛。

↓この真っ白な丸椅子がだんだん透明になってくるのを待つドキドキも楽しい。

f:id:jikobukken:20161127151709j:plain

IKEA丸椅子リメイクの製作費 ¥1800

IKEAの丸椅子・・・ ¥999
壁紙・・・ ¥600(別で使った壁紙の余り部分を使用)
木工用ボンド(ダイソー)・・・ ¥100
ローラー(ダイソー)・・・ ¥100
水道水・・・ ¥0
はさみ・・・ あるものを使用
ボンドを入れる容器・・・ 捨てる前のプラスチックの小物トレイを使用

walpa.jp